1. 指導者は、選手のことをよく見て、話を聞き、汗をかく

2. 選手は勝つための道具ではなく中学生として経験値を高め、自ら行動できるよう押し付けではなく考えさせる指導、育てる指導

3. 全ての選手に平等に接する

4. 良いものは良い、悪いものはダメ、誉めるときは誉める、叱るときは愛情をもって叱る

5. 常に礼儀正しく、上辺ではなく社会に通用する人間性を身に付ける

6. 一人での微力さを知り、周りの人に「ありがとう」と言える感謝の気持ち

7. 学業を向上させ文武両道をめざし、可能性を広げる

8. 個を高め、全員がリーダーになりチームとして同じ目標に向かって力を合わせる